Naokqi Doo Dah

『人間を体現する音色、Naokqi Doo Dah という音楽家』


名もなき者を意味する “doo dah” と自らを称し、音楽を探求する Naokqi Doo Dah さん。
2018年に彼はバンド『The Naokqi Doo Dah’s dADaPhONiCS』を結成しました。実験的でダイナミズのあるそのバンドは、一言では形容できません。


(–ここに、ご本人がバンドを表すキーワードとして挙げられた言葉を置いておきます。)
社会派音楽実験体.即興演奏(作曲的即興/即興的作曲), 調和/未調和, 多楽器主義, 状況主義, dépaysement, dada, jazz, blues, rock, reggae, hip hop, musique concrète, noise, 現代音楽, 民族音楽。

表現と向き合い、試行錯誤を繰り返し意味作用をも超越しようとする音楽家。

彼が鳴らす音色は言葉では表しきれませんが、枠に縛られずに、未開の音を追い続けるその姿勢をぜひ感じてみてください。

<インタビュー>

『1曲ずつ録音している状態で最終的にどういう形でまとめるかまでは考えていない。そこも即興的にやっていっているね』

1.近況の活動について教えてください

Naokqi Doo Dah:アルバムを作る。サンプリングしたループトラックと生音を融合しているのね、それをそのまま閉じ込めるためにどうすればいいかで、レコーディングの方法を試行錯誤していた。でも何とか最近ポイントが見つかって録り溜めつつあります。今年中になんとかリリースできたらという目標でやっているんだけど。

-ポイントというのは音のバランスなどでしょうか?

Naokqi Doo Dah:そうそう。レコーディングをするにあたって生演奏、即興する時にヘッドフォンをするのが本当に好きじゃなくて、なるべくライブそのままの状態でやりたいの。そこがなかなか難しくて、でも何とか方法を見つけたのでそれでやっています。

-アルバムには何曲ぐらい入れる予定ですか?

Naokqi Doo Dah:最終的にどうなるかわかんないけど、曲は結構あるからね。10、20ぐらいあるのかな。
どう分けるかによるから、まだね1曲ずつ録音している状態で最終的にどういう形でまとめるかまでは考えていない。そこも即興的にやっていっているね。

-自宅でも音は作ったりしているんですか?

Naokqi Doo Dah:もちろん。家で AKAI の MPC とか古めのハードサンプラーを使って。ネタ元はレコードやCD、後はフィールドレコーディングしたり、あるいは自分らが演奏したものとか、それの中でループ、ポン出し的なサンプルを作ってそれをメンバーのムーちゃん*1に渡している。もちろんマスタリングとかしてCDクオリティの音にしたループを使っているんだけど。

★(自宅にある機材の写真があれば、合いそうです)

-家で作られているのはバンド用のもののみですか?

Naokqi Doo Dah:そうだね。今は dADaPhONiCS に全部落とし込んでいるね。だけど、Club Cactus*2 でアバンギャルドラバダブ*3とかやっていたじゃん。ああいうのも、まあすぐ作れるからね。ただループするだけだから。
ループってすごい好きなの。やっぱりブラックミュージックって基本ループで、ジャズだってそうじゃん。
後はサンプリングという作業が俺はすごい好きだから、サンプルを組み合わせて全然違うものになったりするじゃん。それを家で作って持っていってという感じだね。今はアルバム作りが目標だね。

『面白いと思ったのはパンクというのはスタイルじゃないんだよね』

2.創作はいつから始められたのでしょうか

Naokqi Doo Dah:バンドという表現をやろうと思ったのは本当に Sex Pistols がきっかけで、中学2年生ぐらいと思うんだけど、テレビで「got save the queen」のプロモーションビデオを観て、その瞬間にこれだと思った。何を言っているかもわかんないけど、なんかこれだって。詳しい友達がいて噂ではちょっと知ってはいたんだけど、聴いたことはなくてめちゃくちゃカッコいいって。何か、自分のモヤモヤしているものを全部代弁してくれているような、そのバイブレーションが子供心にわかったんだ。

-Sex Pistols がきっかけだったんですね

Naokqi Doo Dah:そこからパンクというカルチャーを知って、掘っていった感じだね。パンクの場合は、音楽だけじゃなくてファッションもあるし、面白いと思ったのはパンクというのはスタイルじゃないんだよね。The Clash の Joe Strummer の有名な言葉で「パンクはスタイルじゃない、アティチュードだ」という言葉があるんだけど、本当にそうだと思うし、要するに自分のことじゃん。DIY、do it yourself。自分のことをやれよ、お前のことをやれよってことじゃん。ウケるウケないは関係なくて自分がやりたいと思ったことをやれっていう、そこに勇気づけられたんだと思う。

今もそこは芯みたいにはなっている。全部そこを基準にみているかもしれない。これはパンクなのか、DIYなのかどうか。世の中の表現を判断する基準にしているかもね。それはパンクに限らず絵でもどんなカルチャーでも。Sex Pistols はそれぐらい大きい存在ですね。

-元々ドラマー志望だったんですか?

Naokqi Doo Dah:一番最初はギターを買って、ギターをやるつもりで一生懸命に練習して、ドラムが見つからなかったので「お前がやれ」となって、ドラマーになっちゃった。ドラマーになるなんて自分でも思っていなかったからね。

-ライブ中のギターの演奏も印象的でした

Naokqi Doo Dah:ギターに関しては家ではずっと弾いてきたね。作曲とかしたり、若い頃にやっていたバンドで自分の曲とかも演っていたからね。作曲に使ったり息抜きに家で弾いたり、エレキギターも持っていたけど家だから基本、アコースティックでやってきたね。

-音楽理論の勉強はされていましたか?

Naokqi Doo Dah:コードとかは20代に入ってジャズにはまったから、でも正式な勉強をしたことはない。耳でとるというか、ジャズなんか不思議な旋律とかあるじゃない。ロックとかでは使われないような、何をやっているんだろうって何回も巻き戻しながらギターで探りながら。自分なりの理解の仕方だから習ったわけではない、そこで音感も養って。

-トランペットも吹かれていますよね

Naokqi Doo Dah:トランペットは先輩が捨ててあったやつをたまたまもらって、適当にいじくっていたらたまたま音が出たんだよ。
まあ、音を当てていく感じというか。まあ、ふざけて何でもやっている節操のない馬鹿な人みたいなことでいいかなと。面白いじゃない(笑)やらないじゃん、普通そんなに。


-確かにです(笑)話は変わりますが、最初はどういった形態のバンドをやられていたんですか?

Naokqi Doo Dah:最初は地元の面々と組んだパンクバンドで Ramones の曲をいっぱいやっていたね。後は The Kinks の曲、でも一番最初のバンドは Ramones ばっかりだったね。俺、高校を辞めたからそのバンドは高校の1年間だけだったね。辞めて働くことになったから、やってられなくなって朝から晩まで働くから時間帯が違うのね。

地元から電車で30分弱のところに引っ越したから疎遠になっちゃたのね。しばらくは仕事だけをやっていて、遊んでいる暇がなかった。朝から晩まで働かないと食べれない。親からの仕送りも何もなかったからね。一人で暮らしていると楽しかったけどね。

バンドをやりたいと思っていたら、板橋の成増に住んでいる地元のヤツにモッズがいて、たまたま会って話すようになって、そいつが歌を歌いたいって。ソウル、R&B の昔の良い曲がいっぱいあるから歌いたいって。楽器はできないけど声はでかいとかそんな理由で、「俺はドラムなんだよね」とか言いながらギターを探して入れて、モッズバンドみたいな。サウンド的には黒っぽいパンクロックみたいになっていた。

その時代に色んなレアな音源とか掘って、食えや食わずでレコードを買ってさ、当時はとにかく買って聞かなきゃわかんなかったから、とにかく飯代を浮かしてレコードを買ったりしてガリガリに痩せてやってたけどね(笑)

-活動はどの辺りが拠点だったんですか?

Naokqi Doo Dah:当時は新宿の JAM*4 が拠点だったね。後は違うところでちょこちょこやっていたね。

そのバンドでボーカルと組んでいたのは86~89年だから、3年間ぐらい。その間にそいつとやらなくなった時期があって、その時に The Hair というバンドがモッズ*5シーンにいて、そのバンドに入ったりしていた。先輩もいたけどみんな10代、20代の人しかいなくて本当にユースカルチャーだったと思う。アンダーグラウンドだったし、人も少なかったけどものすごく面白かったね。そこで音楽の基礎的なものというのは勉強できたと思う。

先輩に天才的な人がいっぱいいて、そういう人たちに可愛がられてね、今もまだ付き合いもあるしね。その人たちもアンダーグラウンドでやっているからさ。

-その時期に転換期みたいなのはありましたか?

Naokqi Doo Dah:ジャズを聴き始めるようになった21歳ぐらいの時に、ちょっとモッズシーンから離れたのね。もっと、即興的な音楽をやりたいと思って、当時のモッズシーンではウケないので、クラブでアシッドジャズとかが流行り始めて、アシッドジャズって俺も何だかわかんないまま、そういう連中と仲良くなったの。アシッドジャズのイベントでフリージャズをやったりして、ちょっとひんしゅく買ったりして。

-20代前半の時に即興的な要素を入れてやっていたんですね

Naokqi Doo Dah:それまでやってきた、パンク、R&B、ロックンロール、いわゆるギターバンドのサウンド、そこに Ornette Coleman、Charles Mingus、John Coltrane みたいなサウンドを何とか融合したかったの。それが本当に難しくてどうやればいいんだという感じで、でもそれをずっとやっていて、それが EXPRESSION!! というグループだったのね。そのグループを90年代ずっとやっていた。色んな編成で。

「”FAN BOY THERE” の変名でリリースされたアルバム『These Dog Days』」

最終的にはギター、ベース、ドラムのトリオになったけど、ベースはウッドベースね。パンクとフリージャズが混ざったみたいなサウンドに最終的はなっていた。どのジャンルに入れていいかわかんないから変なイベントにしか誘われなかったね。日本って保守的じゃない、すごく。

そんなことを30歳ぐらいまでやってたのかな。そのころ、娘とか息子とか小さかったからちょっと失速していくよね。食わせていかなきゃなんない、音楽だけじゃ食べれないから。

音楽は細々でも続けている。ただ30歳を過ぎて子供ができると俺の場合は前ほどはできなくなった。辞めようかなと思ったこともあったんだけど、辞めないことになっちゃった。それは不思議でまぁやれってことかなと。周りの協力、当時のカミさんとかさ、子どもたちもそうだけど、周りが音楽をやった方がいいんじゃないという感じでいてくれたから続けてこれたとは思う。仲間とか先輩、色んな人が支えてくれたのは大きい。それがなかったら辞めているのかもしれないね。

-当時の EXPRESSION!! と今の dADaPhONiCS はサウンド面に違いはありますか?

Naokqi Doo Dah:EXPRESSION!! を見てくれていた人が今の dADaPhONiCS を見て延長戦上にあるねって。まあ、確かにそうだなとは思う。当時はサンプラーも使い始めたかぐらいで、まだそんなにループの音楽に移行していない。ギター、ウッドベースとドラムで即興をやるという。アルバムも1枚出ているんだけど、それは一応ループ、サンプラーで作った曲も入っているんだけど、ライブでは即興でやっていたね。

当時の要素は今の dADaPhONiCS にもあると思うわけ。ギターのフィードバックノイズ*6みたいなのは結構やっていたんだけど、元々 The Who が初期にやっていた手法で、それはモッズバンドの時代からやっていたから自分の中ではあのサウンドってすごく故郷の音というか。子どもの時からやっているみたいな、そんな感じでノイズが好きなのね。うるさいやつ。不思議な音するじゃない、エレトリックギターのフィードバックノイズって。なんでこういう音するんだろうって。電子音楽的にも面白いよね。

The Who が最初にそれをやっていたのって60年代の半ばなんだけど、The Beatles がまだアイドルっぽい時代で、あの頃から、デビュー前からやっていてそれは本当すごいよね。Pete Townshend はアート系の学校に行っていたみたいで現代音楽、電子音楽とかをロックンロールでやってみたんじゃない。

その影響はすごく受けたと思う。60年代だからパンクの10年前ぐらいにあたるんだけど、パンクのルーツにもなってるよね。初期の The Who とか The Rolling Stones、The Kinks はパンクロックのルーツだと思う。特に The Who は楽器を壊したり、フィードバックノイズをやったりラジカルなバンドだったと思う。


*1 ムーちゃん…dADaPhONiCS のメンバーであるMoofireを指す。クラブ・レーベル経営、DJ、バンド活動と様々な顔を持つ
*2 Club Cactus…乃木坂にあるクラブ。TAXI HIFIのサウンドシステム「DOSS BASS」が据え置きされている
*3 アバンギャルドラバダブ…Club Cactusで実施されている新しい形を目指したラバダブ
*4 新宿のJAM…ライブハウス。惜しまれながらも 2017年に閉店された
*5 モッズ…イギリスの若い労働者の間で1950年代後半から1960年代中頃にかけて流行した音楽やファッション、それらをベースとしたライフスタイル
*6 フィードバックノイズ…ハウリングによって生じるノイズ