serial


【こんなはずでした】
 

スポークンワード、スラム、ポエトリーリーディング、オープンマイク…大喜利すれすれな議論止まらぬこの界隈に…足りないものはなんだ?なんで営まれてきた年月の割にポピュラーじゃないんだ?

立ち止まりたいとき、入り乱れるとき、そして疲れ果てて進めないとき、
必要なのは収支確認や転職サイト登録ではなく原”典”回帰。

疑問にはいつだって答の顔をした隙間風を吹かしてみれば、おのずとページはめくられるのだ。

スラムの創始者、自称”スラムパパ”ことマーク・ケリー・スミスによるスラムやスポークンワードについての指南書、”TAKE THE MIC”と”STAGE A POETRY SLAM”の2冊、を中長期的に解説という体で紹介していくのは”中央分離帯のロビンソン・クルーソー”ことllasushi。

なぜスポークンなのか。
なぜワーズじゃなくワードなのか。
なぜポエトリーにパフォーマンスが付くのか。
なにをもってスラムなのか。

ぎこちなさと、おぼつかなさと、こころもとなさと…可能性の3点リードまたはグーチョキパーをすべて兼ね備えた、誰かがとっくにやってそうなのに誰もやってこなかった類のポッドキャスト、まさかの配信開始。

“楽しませるだけでなく挑むこと”
受け手の想像力が最後のピースだ。


chapter 1
chapter 2
chapter 3
chapter 4
chapter 5
chapter 6
chapter 7
chapter 8

【話者】
llasushi


【LAUGH AWAY with BEAT! / Beat and Beyond】
 

私はヤリタミサコという詩人です。
ビート詩や視覚詩や音声詩など、詩とアートと音楽の間を楽しんでいます。ヨーコ・オノもそのメンバーだった、フルクサスというアメリカの美術運動の再演活動もしています。ビートジェネレーションと呼ばれる詩人たちは、自分自身の感覚から発生する外界に対する怒りを、それまでにないスタイルで表現しました。皮肉やユーモアたっぷりに、即興的・音楽的に。

絶望しても、人間の底力を信じて表現しています。違う意見の人たちが自分の表現することが、人間が生き延びる方法であり、殺し合わない手段だと。
第二次世界大戦で徴兵拒否した詩人たちは、ベトナム戦争に反対しました。
人間を疎外し、人間を抑圧する動きには断固として反発します。
だから、原発に反対し、戦争に反対し、独裁政治に反対し、貨幣経済にがんじがらめになることに反対し、人が人を尊重しない価値観に反対し、世界が滅ぶことに反対します。
大多数や大きい声の意見には“?”を感じ、そういう自分たちの小さい怒りを表現する人たちです。

ファーリンゲティは2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件から「飛行機の歴史」を書いて発表しました。ボブ・ディランはキューバ危機のときに核戦争で世界は滅ぶのだと思って「A Hard Rain’s a-Gonna Fall」を書きました。
彼らの危機感と世界観を、私は自分の声を通して伝えたいと考えています。

『LAUGH AWAY with BEAT!』



vol.1
宣伝文はクエスチョンできけ!

vol.2
ガイコツが動かす社会とは?

vol.3
shitな詩を読む

『Beat and Beyond』

vol.1
Lawrence Ferlinghetti

vol.2
BOB DYLAN

vol.3
Allen Ginsberg

vol.4
Anne Waldman

vol.5

【話者】
ヤリタミサコ


ShareButton: